Google Workspace を IDプロバイダーとして利用し、SAML SSO の設定を行う手順をご案内します。

(事前準備)Assured のサービスプロバイダー情報を確認

この設定手順では、Assured のサービスプロバイダー情報が必要です。AssuredのSAML SSO設定のサービスプロバイダー情報をご参照いただきながら設定を進めてください。

[Google Workspace] アプリケーションの作成

1. Google Workspace の管理者アカウントとしてログインします。

2. アプリケーション管理画面にアクセスし、「アプリを追加」(①)を押下し、「カスタム SAML アプリの追加」(②)を押下します。

3. アプリケーション作成ウィザード Step 1 では、以下の通り入力し「続行」を押下します。

4. Google Workspace のIDプロバイダー情報が表示されるので、手元にコピーしつつ「続行」を押下します。

5. 「ACS の URL」と「エンティティ ID」を入力し「続行」を押下します。

  • ACS の URL: Assured サービスプロバイダー情報のACS URLを入力

  • エンティティ ID: Assured サービスプロバイダー情報のSP エンティティ IDを入力

6. 「完了」を押下します。

[Assured] IDプロバイダーの設定

1. 作成したアプリケーション詳細画面の「メタデータをダウンロード」を押下し、表示される確認モーダルから、 Google Workspace のIDプロバイダー情報を参照します。

2. 確認したIDプロバイダー情報を、AssuredのSAML SSO設定のIDプロバイダー設定に転記し、「送信」を押下します。

  • IdP エンティティID: エンティティ ID を転記(①)

  • SSO URL: SSO の URL を転記(②)

  • X.509証明書: 証明書 をダウンロードし、pemファイルの中身をコピー&ペーストします(③)

[Assured] SAML認証の有効化

IDプロバイダーの設定を完了し、「SAML認証を有効にする」のチェックボックスを押下し、表示される確認モーダルで「有効化」を押下するとSAML認証が有効化されます。

🚧 ご注意ください

SAML認証を有効にした時点で、組織に所属するすべてのユーザーについてシングルサインオンによるログインが必要となります。シングルサインオンの際にはメールアドレスを元にユーザーを識別しておりますため、メールアドレスがIDプロバイダーと一致しないユーザーは Assured にログインできなくなりますのでご注意ください

シングルサインオンが有効になっている場合は、Assured のログイン画面でメールアドレスを入力し「続行」をクリックすると、IDプロバイダーの提供するログイン画面にリダイレクトされます。

[Assured] SAML認証を確認する

一度ログアウトし、ログイン画面でIDプロバイダーで利用しているメールアドレスを入力し、「続行」を押下します。押下後、IDプロバイダーのログイン画面が表示され、IDプロバイダー側で認証されたあとAssuredにシングルサインオンが完了していれば成功です。

💡 SSOでログインできない場合・・・

SAML認証を有効にしても、シングルサインオンによるログインができない場合、IDプロバイダーの設定が正しくできていない可能性があります。有効化してしまったSAML設定を一度削除することが可能ですのでカスタマーサポートまでお問い合わせください。

回答が見つかりましたか?