「サービス検知」機能をご利用のユーザー企業にて、ユーザーにサービス検知の設定方法を送付する手順をご案内します。

※「サービス検知」機能のご利用には、ご契約のプラン(スタンダード/データベース)とは別にお申し込みが必要です。

なお、ユーザーが実際にサービス検知のブラウザ拡張を設定する方法については、以下のヘルプを別途ご覧ください。

📝 サービス検知のブラウザ拡張を設定する

登録済みのユーザーへの案内

すでにAssuredに登録しているユーザーに対してサービス検知の設定方法を案内する際には、「ユーザー管理」画面の「ユーザーの詳細」から案内用のメールを送信できます。

「ユーザーの詳細」画面で「サービス検知の設定依頼を送信」を押下すると、登録済みのメールアドレスに対してサービス検知の設定手順がメールにて送付されます。

新規ユーザーの招待

「ユーザー管理画面」の一覧から、「ユーザーを招待」をクリックしてユーザーの招待画面に遷移します。

「ユーザーの招待」画面にて、「サービス検知の対象にする」をチェックボックスに入れ、ユーザーの招待を行います。

メールアドレスは「複数人を招待」することで最大100名までを一度に招待できます。

招待されたユーザーのメールアドレスに対して、ユーザーの登録案内とともに、サービス検知の設定方法の案内がメールで送付されます。

ユーザーの設定状況の確認

サービス検知のブラウザ拡張によるデータ送信が正しく機能しているかは「ユーザー管理画面」の一覧にて「最終検知」から確認いただけます。

ユーザーから閲覧履歴データが正しく送信されている場合、最終検知の欄にデータの最終取得日時が表示されます。

回答が見つかりましたか?